大溝祭 祭礼のあらまし

近江における近世の祭礼で注目すべきものに、曳山(引山)祭りがある。贅をつくした山飾りや子供歌舞伎・人形からくりなどの趣向をもつ華麗な祭り である。それは、近江一国にかなり広く分布しており、たとえば、4月15日の長浜曳山祭(子供歌舞伎)、4月20日の水口祭(人形)、5月3日の日野祭 (人形)、5月9日の米原曳山祭(子供歌舞伎)、10月10日の大津祭(人形からくり)などが、よく知られている。これら曳山祭りは、いずれも城下町など の近世都市で創出されたものであり、その華麗な祭礼文化は、地方都市の経済的発展によって向上した町人の経済的実力を示すものであったといえよう。いねば 曳山祭りは、近江の都市文化の華であった。

ここ湖西高島でも、分部氏の城下町大溝に曳山祭りが伝えられている。以下、その大溝祭をとりあげ、近世大溝町人の文化活動の一端をあとづけておきたい。

大溝祭は、城下町大溝の鎮守、日吉神社(山王社、祭神・大山咋命)の初夏の例祭であり、五基の曳山(宝・竜・湊・勇・巴)が出されて祭礼を彩って いる。ちなみに、日吉神社は、石垣村の鎮守社であったものを、同地に城下町大溝を形成するにあたって大溝町の鎮守としたものであった。さて、現在は、5月 4目宵宮(曳き初め)、5日本祭となっているが、昭和35年(1960)までは、曳き初めが5月4日、宵宮7日、本祭は8日であったといい、江戸時代は4 月1目(旧暦)が本祭であった。

その起源は、元和5年(1619)8月、分部光信が大溝入封の際、前任地伊勢国上野の曳山祭りを移したものと伝えるが、真疑のほどは不明である。 現在の曳山はいずれも江戸後期のものと思われるが、宝永元年(1704)からの「神事方算用帳」が残っており、また、曳山の装飾具でも宝組のみす箱に元文 3年(1738)の墨書銘があるから、少なくとも江戸時代中期・18世紀前葉には行われていたことはまちがいない。

さて、宵宮は元火受けに始まる。日吉神社から宵宮曳きの曳山につるす30余の提燈の元火をいただく神事である。もちろん現在は、電球を使っている から形式的なものである。一方、神社では湯立ての神事が執行されており、二百燈献上などの神事もある。そして、元火受けが済むと曳き初めとなり、町内を曳 山が巡行する。本祭は中老が中心となるが、この宵宮は、若衆がすべてを取りしきる若衆の祭りである。宵宮が終わると、「嫁入りの太鼓たたき」などといって 曳山町では新婚や新築の家々を若衆が訪問し、深更にいたるまで、囃子の太鼓をたたいて振る舞いをうける行事が今も残っている。

DSC04201.JPG
DSC04108.JPG

明けて本祭となれば、朝、曳山は町々の山蔵を出発して惣門前に勢揃いし噺子を競い合う。やがて神社から迎えが到着すると、その使いに従って桜の馬 場まで曳行する。このとき、宵宮では「上山(階上)」に乗っていた囃子方は、「下山(階下)」の胴幕内に降り、「上山」中央には御幣、か飾られる。なお、 現在は人形飾りなどはなく、「上山」はこの御幣のみである。そして、曳山が馬場に到着すると、神輿が拝殿から長い石段を昇き降ろされ、渡御のはこびとな る。神幸の次第は、露払い・剣鉾・傘鉾・太鼓・神輿の順であり、そのあとに曳山が従う。神輿は勝野の御旅所へ巡行し、神事ののち町内を巡行して還幸するも のである。本来、曳山はこの神幸につき従っていたのであるが、現在では、国道161号線の交通事情等により、神輿などはトラックで巡行、曳山は神社で曳き 別れて各町内へ向かうこととなっている。このとき、「下山」にあった囃子方は「上山」に登り、にぎやかに囃し立てて各町内へと曳行されるのである。


なお、囃子については、鉦・太鼓・笛の三種を用いているが、町内ごとに10種余の曲があり、囃子を競い合った跡がうかがえる。ちなみに、囃子は曳 行の場所によって変わり、たとえば巴組では、町内をまわるときは「祇園ばやし」、神社の近くへ来ると「大黒舞」、神社への坂を上るときは「上り馬場」、下 るときは「下り馬場」というふうであった。

翌六日は、祭りのあと片付けをする、が、がっては後宴と称して「天頑山」で直会があり、これをもってすべての行事の終了としたのであった。

さて、曳山の巡行は、年ごとにその順番が定められており、先頭を「花山」といい、以下、二番山・三番山・四番山・五番山と称している。「花山」の 名称は、江戸時代の記録では安政5年(1858)の祭礼のときに見えるのが最も早いもののようであり、幕末ころから一番山をこう呼んだものとみられる。そ れはともかく、現行では「花山」の翌年は二番山となり、五番山が「花山」となるというように年ごとに順番をずらせていくことになっている。この巡行方式は 安政ごろの記録にもみえている。

また、五番山は「渡し番」と称して、神輿の世話番をつとめた。「渡し番」という名称は、文化6年ころから記録にあらわれてくるが、それ以前は「御輿番」と称し、一方、それ以外の山組を「山番」と称していた。

曳山と人形飾り

 大溝にのこる五基の曳山は、その規模が、間口約2.4m、奥行約3.3m、棟までの総高約4.8mくらいで、大津祭の曳山をやや小ぶりにした感じ である。二階を「上山」階下を「下山」と呼び、上山は黒塗・朱塗あるいは漆箔とし、飾り金具をほどこしているが、下山は白木のままであり、これに正面は垂 簾、側面は胴幕、背面は見送り幕を掛けている。車は、トチ材を直径約60cm、厚さ約30cmの輪切りにした小さなもので、四ッ車となっている。曳山の制 作年代等については、宝組の幕箱に元文3年(1738)の墨書銘が、また巴組の幕箱には、明和5年(1768)3月の墨書銘が、竜組には寛政10年の建造 墨書銘、勇組のチカクシには文化元年(1804)の墨書銘などがあり、建造様式からみても江戸中期以前にはさかのぼり得ないようである。たとえば、巴組の 曳山については「古今記」に、文化元年「大工打下邑山田仁兵衛作」の「引山家台」ができた記事かおり、翌2年には「引出土蔵」つまり山蔵の普請が成ってい ることからして文化元年の建造とみられる。

また、曳山には大津祭や水口祭・日野祭にみられる人形飾りはみられず、囃子(鉦・太鼓・笛)のみの簡素なものとなっているのが現状である。




出典: 高島町史 昭和58年 高島町発行

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

チャレンジする高島人



滋賀県の虹情報



高島市のニュース・行政情報

Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

クリックで応援 お願いします


『NPO法人 eネットびわ湖高島』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。? NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ?

寄付支援のお願い

PAGE TOP