安曇海人の軌跡

【古墳・飛鳥・奈良・平安・鎌倉】


朽木地域を流れる大小の河川は、すべてが同じ水系に属しており、下流で1本の安曇川となり琵琶湖に流れ込む。 この「安曇(あど)」という川の名前は古代の氏族である海人(あま)族の安曇(あづみ)氏に由来していると考えられている。

民俗学者であった故橋本鉄男氏によると、安曇氏のルーツは海を渡って日本に渡来してきた漁民で、九州方面か瀬戸内方面を本拠地とし、海辺や湖辺や 河辺に住んで魚や海藻などを取る海人の一族であった。 「あど」と「あづみ」の発音上の違いについては、古代において「井のある所=井戸=いド」や「泉=出水=いブミ」が同じ意味を持ちながら音韻変化をしたと 同様に、「あド」と「あヅミ」も本来は同意語であるといわれている。

「安曇」の地名は阿曇(あどみ)・厚見(あつみ)・渥美(あつみ)・安津見(あつみ)・阿閉(あつぢ)・安土(あづち)・安堂(あんどう)・吾妻 (あづま)・安積(あつみ)などと変化して各地に見られ、「海人(あま)」は海士・海女・海・海部・蛋・白水郎などとも書かれ、地名としては天・雨・尼・ 阿満などのつく語に変化して伝わっているとされる。 『日本書紀』によると早くは応神天皇の時代(4世紀末)以前に諸国に広がり、奈良時代には天皇の食事をつかさどる役にも登用されている。

安曇川周辺には、このアドやアマに関連する地名が数多く見られる。 安曇川町上古賀の「天川」や中央1丁目の「雨ヶ森」、新旭町安井川の「安曇」や太田の「安曇連(あづみむらじ)」に関する社寺と「阿曇比羅夫(あづみひら ふ)」の墓、今津町南浜の「天川」などである。 そして、これらに福井県若狭町の「海士坂(あまさか)」や県境の「天増川(あますがわ)」をつなぐと、若狭湾方面から饗庭野を経由して安曇川流域付近に住 みついた安曇海人の軌跡を示しているとみられている。 また、移住の時期は弥生時代から始まって、3世紀以前に安曇川のデルタ一帯に定住したが、6世紀には当地域から姿を消したものと推測されている。azumi.jpg

しかし、この軌跡は安曇川の中流域から上流域まで延長できるようである。 朽木地域では荒川に「雨乞いの淵」が、支流の北川には、野尻の上野に「天ノ阪」が、下市に「あまんさか」が川に面してある。 また、京都市左京区百井の集落東方には天ヶ森(標高812m)があり、百井峠の南南東には天ヶ岳(標高788m)が安曇川の源流を見下ろすようにそびえて いる。

「雨乞いの淵」の上流400mには「みくりや」とよばれる淵があり、これは天皇家・摂関家・賀茂社などに供え物の淡水魚を提供した「御厨」に関係したものではないかと推測され、安曇川の豊富な水資源を求めて活動した安曇海人の足跡ではないかと思われる。

出典:朽木村史・通史編(平成22年 高島市発行)

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

チャレンジする高島人



滋賀県の虹情報



高島市のニュース・行政情報

Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

クリックで応援 お願いします


『NPO法人 eネットびわ湖高島』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。? NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ?

寄付支援のお願い

PAGE TOP