【高島市歴史散歩】 継体天皇と高島市

 
 

walk04-01.jpg

『日本書紀』や『古事記』に登場し、5世紀後半から6世紀前半に実在したといわれる継体天皇は、高島市と関係の深い人物として知られています。

継体天皇は、即位までの経過に疑問点が多いこと、またその出身地について、『日本書紀』では越前国三国(福井県三国町)、『古事記』では近江国(滋賀県)とされるなど、いろいろと謎の多い天皇とされています。

walk04-02.jpg

ただ、この継体天皇の父である彦主人王(ひこうしおう)が近江国三尾(高島市)の出身であること、また継体天皇の后妃8人のうち4人が近江国出身であることなどから、近江国とくに高島市との関わりは早くから注目されてきました。

高島市内には、現在も継体天皇にまつわるいくつかの伝承や文化財が残されています。

安曇川町常磐木にある三重生(みおう)神社は、継体天皇の両親である彦主人王と振媛(ふりひめ)を主祭神とし、由緒では、彦主人王がこの場所で亡 くなったので、後に社を建てて振媛を併せて祭ったと伝えられています。また、この神社の南方約500メートルの場所には、彦主人王の墓とされる田中王塚古 墳があります。 その近くの安曇川町田中の馬場区と陵区が接する辺りには「三尾(みお)神社跡」とされる場所があり、ここには振媛が継体天皇ほか2児を無事に出産したとき にもたれたと伝えられる「もたれ石」が残されています。三尾神社は、高島市南部に勢力をもっていた古代豪族三尾君に関係する神社といわれ、「三尾」の名前 は、高島町拝戸の水尾(みお)神社や安曇川町三尾里との関わりもうかがわれます。

その三尾里には、継体天皇の第一皇子の安閑(あんかん)天皇を主祭神とする安閑神社があります。神社の詳しい由緒などは分かっていませんが、この 神社の境内には「神代文字」を刻んだ石碑があることが知られています。文字は、記号とも絵ともいえるもので、装飾古墳の一部であったとも、三尾神社に伝 わった「秀真伝(ほつまつたえ)」に記される古代文字と関係のあるものとも言われています。

出典:高島市役所発行「広報たかしま」平成17年4月

 



 

田中王塚古墳

 


雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

寄付支援のお願い

PAGE TOP