【高島市歴史散歩】高島市の埋蔵文化財

市内には、364を数える「埋蔵文化財」が存在することを皆さんご存じでしょうか。埋蔵文化財とは、土地に埋まっている文化財のことで、主に「遺跡」とよばれています。遺跡には、古代の人々の営みの痕跡である集落跡や、有力者の亡骸(なきがら)を横穴式石室に葬(ほうむ)った古墳、寺院跡や戦国時代の軍事的な施設跡である城跡や館跡など、多くの種類が存在します。

この埋蔵文化財の範囲で工事などを行う際は、その内容によって発掘調査が実施されますが、その数は、全国で年間9千件にのぼります。市内でも、100年程前に京都帝国大学が行った鴨稲荷山古墳の発掘調査を皮切りに、マキノ地域の北牧野製鉄遺跡や斉頼塚(しょうらいづか)古墳、北牧野古墳群の発掘調査、今津地域の日置前遺跡発掘による彩色壁画片の発見、新旭地域の清水山城館跡や高島地域の大溝城下の発掘、朽木地域の朽木氏関連遺跡や庭園の調査、安曇川地域の田中古墳群や南市東、下五反田遺跡など、数多くの発掘調査が実施されてきました。

特に、マキノ地域の製鉄遺跡は、昭和42年(1967年)、同志社大学による学術調査が行われ、全国でも早い時期に製鉄が行われていたことを示す遺跡として評価されています。また、昨年、安曇川地域の上御殿遺跡(かみごてんいせき)から出土した「双環柄頭短剣(そうかんつかがしらたんけん)」鋳型は、国内に類例がなく中国北方地域のオルドス式銅剣との関連性が指摘されています。このように、埋蔵文化財には、新たな歴史的発見の可能性が秘められています。

出典:広報たかしま 平成26年11月号

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

クリックで応援 お願いします


『NPO法人 eネットびわ湖高島』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。? NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ?

寄付支援のお願い

PAGE TOP