【高島市歴史散歩】海津衆 田屋(たや)氏と江北(ごうほく) 浅井(あざい)氏

walk71-01.jpg

戦国時代に高島郡で活躍した海津衆(饗庭・田屋・新保)の中で、田屋氏は、江北 浅井(あざい)氏と縁戚(えんせき)関係で強く結ばれていました。

浅井亮政(すけまさ)は、田屋氏の子とされる明政(あきまさ)を養子にし、娘(鶴千代(つるちよ)/海津殿(かいづどの))の婿にむかえました。以後、田屋氏は、浅井氏の高島郡進出に大きな役割を果たします。

この田屋氏の館(やかた)の跡とされるのが、マキノ町沢にある長法寺(ちょうほうじ)で、背後にあたる森西集落の「城山(しろやま)」と呼ばれる 標高約320mの丘の上には、田屋城跡があります。ここからは、北陸道と知内川に沿って若狭(わかさ)にいたる街道を、見下ろすことができるとともに、海 津や琵琶湖を一望することができます。

この田屋城からは、浅井・朝倉氏の城に共通する築城技術が、駆使されていることをうかがい知ることができます。

斜面に掘られた多数の竪堀群(たてぼりぐん)や畝状空堀群(うねじょうからぼりぐん)、主郭(しゅかく/山城の中心地)背後の県内最大級の規模が ある堀切(ほりきり)などの遺構から、織田信長の北陸進出を食い止める戦略的拠点として、浅井・朝倉氏により、大きな改造が加えられたとされています。

walk71-02.jpg

また、羽柴秀吉(はしばひでよし)と柴田勝家(はしばかついえ)の賤ケ岳合戦(しずがだけがっせん)の際へには、秀吉方の丹羽長秀(にわながひで)が海津の防備を固めていて、その時に改修されたことも指摘されています。

さて、浅井明政の子について、長女の海津局(かいづのつぼね)は、茶々(淀殿)の侍女となり、大坂落城の時に、千姫(せんひめ)とともに逃れ、のちに浅井長政の三女 江(ごう/崇源院(すうげんいん)/達子(さとこ))と千姫(せんひめ)に侍女として仕えました。

二女である饗庭局(あいばのつぼね)もまた、淀殿の乳母(うば)および侍女となり、淀殿の名代(みょうだい)としても活躍します。

walk71-03.jpg

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの際には、長政の二女 初(はつ/常高院(じょうこういん))のいる大津城の開城につかわされました。ま た、慶長19年(1614年)、方広寺(ほうこうじ)の鐘銘(しょうめい)の弁明にも、駿府(すんぷ)の徳川家康のもとにおもむいています。

そして、大坂冬の陣の講和の時には、家康のもとに、常高院とともに使者に立ちましたが、元和元年(1615年)の大坂城落城の際に、淀君・秀頼とともに自刃(じじん)しました。

マキノ町海津の宗正寺(そうしょうじ)には、海津政元(浅井明政か?)夫妻や、饗庭局の位牌などが伝えられていて、浅井氏や田屋氏の関わりが深い寺として知られています。

出典:高島市役所発行「広報たかしま」平成22年11月号

長法寺)

 

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

クリックで応援 お願いします


『NPO法人 eネットびわ湖高島』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。? NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ?

寄付支援のお願い

PAGE TOP