【高島市歴史散歩】1600年前の拠点集落「安曇川町南市東(みなみいちひがし)遺跡・下五反田(しもごたんだ)遺跡」

JR安曇川駅周辺には、弥生時代から中世にかけての遺跡である南市東(みなみいちひがし)遺跡と下五反田(しもごたんだ)遺跡があります。これらの遺跡が最も栄えた時期は、今から約1600年前の古墳時代とされています。

walk68-01.jpg

南市東遺跡では、当時の日本列島内でも早い段階で、竪穴住居とよばれる建物内に竃(かまど)を設置していたことがわかっています。また、建物跡からは、初 期須恵(すえ)器、陶質土器、軟質土器とよばれる朝鮮半島系の土器が多く出土し、大陸との交流があったことを示しています。

下五反田遺跡は、南市東遺跡の北西約500mのところにあり、南市東遺跡と同じ様に、初期的な竃(かまど)や大陸系の遺物、製塩土器や鍛冶を行っ た痕跡が見つかっています。日本海を通じた大陸との交流が盛んであったことを示し、同じ時期の集落と比べても、生産と流通が一定以上のレベルにあった先進 的な集落であったと考えられています。

walk68-02.jpg

これら二つの遺跡は、立地や性格から密接な関係にあり、共にこの時期の安曇川流域における拠点的な集落といえます。

また、滋賀県下の類似する遺跡としては、湖北の旧高月町高月南遺跡や湖南の守山市下長(しもなが)遺跡、湖東の旧安土町小中遺跡群などが上げられる程度です。

このことから、琵琶湖周辺に所在する5世紀代の拠点集落の一つともいえます。

この他にも、この周囲には、八反田(はったんだ)遺跡や東窪田(ひがしくぼた)遺跡など古墳時代の集落跡があり、古墳時代の人々の営みは、JR安曇川駅一帯から西側にかけて広がっていた様子が想定されます。

なお、これらの遺跡の出土品は、高島歴史民族資料館でご覧いただけます。

出典:高島市役所発行「広報たかしま」平成22年8月号

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

クリックで応援 お願いします


『NPO法人 eネットびわ湖高島』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。? NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ?

寄付支援のお願い

PAGE TOP