【高島市歴史散歩】清水山城館跡

清水山城館跡(しみずやまじょうかんあと)は、饗庭野(あいばの)の南東部の「清水山」と呼ばれた山の上に築かれた戦国時代の山城です。戦国時代の山城 は、戦いの時にたてこもる「とりで」のようなものと思われがちですが、清水山城の場合、「政治」「軍事」「居住」の機能が、山城に集中する「戦国期拠点城 郭」に位置づけられています。

さて、鎌倉時代から戦国時代末にかけて、高島郡では、近江源氏佐々木氏の一族が活躍しました。嘉禎(かてい)元年に佐々木高信(たかのぶ)が、田 中郷(ごう)の地頭(じとう)になります。それ以降、一族の越中氏・能登氏・朽木氏・永田氏・横山氏・田中氏・山崎氏は、「西佐々木七人(しちにん)」 「七頭(しちとう)」「高島河上七頭」「七佐々木」と呼ばれ、強く結びついていました。この西佐々木一族の惣(そう)領家(りょうけ)である佐々木越中 (えっちゅう)氏が、清水山城の城主と伝えられています。

「清水山」のふもとには、南北に西近江路が縦断しています。この主要道に面して、北から清水山城の城下とされる「今市」・「平井」・「安養寺」・ 「川原市」の集落が営まれていて、城下町が成立する過程を知る上で注目されています。登城路(大手道(おおてみち))は、平井集落から分岐し西に伸びてい ました。

walk64-02.jpg

城の遺構は、新旭森林スポーツ公園の西の段丘上から残っています。
段丘上の「御屋敷」・「犬馬場(いぬのばんば)」の地名が残るエリア は、清水山城主である佐々木越中氏の館の跡、流鏑馬(やぶさめ)の練習の「犬追物(いぬおうもの)」の行事をする場と考えられています。大手道は、この 「御屋敷」・「犬馬場」の脇をとおり、さらに北西の山に続きます。

山腹の「西屋敷」・「東屋敷」の地名が残っているエリアは、天台寺院 清水寺(せいすいじ)の坊跡(ぼうあと)を利用した一族や家来の屋敷跡と考 えられています。土を盛った土手によって、方形に区画されていて、その中に井戸跡を見ることができます。この屋敷跡と西ノ谷川をはさんで西側にも、大法 (だいほう)寺と呼ばれる寺跡を屋敷にしたとされる本堂谷(ほんどうだに)遺跡があり、「西屋敷」・「東屋敷」と同じ様な遺構が残っています。また、隣接 して佐々木氏の氏神をまつる大荒比古(おおあらひこ)神社が鎮座(ちんざ)します。

大手道は西屋敷の中央をとおり、山城に続きます。山城は標高約210mの主郭(しゅかく)を中心として、三方の尾根上に築かれています。ここから のながめは大変よく、西佐々木一族が活躍した高島市中南部一帯だけでなく、条件が良ければ、琵琶湖対岸まで見渡すことができます。

主郭では、平成8年度の発掘調査によって、常御殿(つねごてん)と考えられる礎石(そせき)建物跡が見つかっています。出土した土器から清水山城は、織田信長が高島郡を攻略する1570年頃まで存続していたと考えられています。

また、主郭には、近江(滋賀県)では、あまり見ることができない畝状空堀群(うねじょうからぼりぐん)が築かれていることから、信長との攻防にあたり、越前 朝倉氏によって改修された可能性が推測されています。

これらの遺構の中で、山城と屋敷跡の範囲、約46haが、日本史を語る上で重要な遺跡として、平成16年2月27日に国の史跡に指定されています。

出典:高島市役所発行「広報たかしま」平成22年4月号


清水山城館跡

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

クリックで応援 お願いします


『NPO法人 eネットびわ湖高島』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。? NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ?

寄付支援のお願い

PAGE TOP