【高島市歴史散歩】安曇川町田中古墳群

walk46-01.jpg

田中古墳群は、安曇川町田中に所在する田中神社の北側一帯に存在し、これまでの調査で、43基以上の古墳が存在することが判明しています。田中古墳群の中 心となるのは、継体天皇の父である「彦主人王(ひこうしおう)」が被葬者とされる田中王塚古墳です。田中王塚古墳は直径58m・高さ10mの規模で、3段 に構築される円形の塚と考えられ、高島市内で最大規模の古墳です。現状は、円墳の一部が突出した帆立貝形となっていますが、これは明治38年の宮内庁によ る古墳整備によって、このような形に改変されたものともいわれています。古墳の表面は、「葺石(ふきいし)」とよばれる川原石が貼りめぐらされ、周囲の溝 からは「埴輪(はにわ)」の破片が出土しています。死者を安置する埋葬施設は、粘土槨(ねんどかく/木棺を粘土で覆ったもの)または木棺直葬(じきそう /木棺をそのまま埋めたもの)と考えられています。古墳が造られた時期は、埴輪の年代などから5世紀代とされています。

walk46-02.jpg

現在、田中王塚古墳は宮内庁の「陵墓参考地」として立ち入りが禁止されているため、年代や埋葬施設の詳細は謎のままです。この田中王塚古墳の周辺には、長 さ8m・高さ2m前後の大きさを有する古墳が存在します。昭和初期や戦後の開墾に伴い、鏡や刀などの鉄製品、須恵器(すえき)とよばれる土器などの遺物が 出土しています。これらの遺物から田中王塚古墳周辺の古墳は、5世紀後半?6世紀前半に造られたと考えられています。出土遺物の一部は現在、中江藤樹記念 館に保管・展示され、ご覧いただけます。昨年の発掘では、九州地域の影響を受けた横穴式石室が発見されるなど、高島地域が近畿はじめ九州・日本海地域と活 発な交流があったことを示す新発見となりました。

出典:高島市発行「広報たかしま」平成20年10月号

田中王塚古墳

 

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

クリックで応援 お願いします


『NPO法人 eネットびわ湖高島』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。? NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ?

寄付支援のお願い

PAGE TOP