【高島市歴史散歩】「安曇」の地名が語るもの

高島市のアドの地名は、古くは奈良時代に作 られた『万葉集』に「足利」「阿戸」「阿渡」「足速」「吾跡」などと書かれて登場します。これらはいずれもアドと読まれていたと思われますが、現在の「安 曇」という字がいつごろから使われたものなのかは明確ではありません。ただ現在の新旭町安井川には安曇川沿いに「安曇」という小字があり、聞き取りによる とこの「安曇」は安曇川をはさんだかなり大きな広がりをもった土地の名前であったともいわれています。

walk41-01.jpg

「安曇」は一般的には「アヅミ」と読まれることが多く、それは、古代の部(職掌を分担する集団)の一つである海人部(あまべ)を統率する氏族の名称である と考えられています。海人部は、海辺に住んで漁をする人々の集団のことで、アヅミ氏も海や水にかかわりの深い氏族であったことが推測されます。

「アヅミ」に関係する地名は全国に残っており、高島市の「安曇」のほかでは、有名な長野県の安曇野(安曇村)や、福岡県や鳥取県で古代の郷名とし て伝わる「阿(安)曇郷」、福島県の「安積郡」、石川県の「安津見」という村名などがあります。また高島市安曇川町青柳には「安名(あづめ)」という小字 があり、これも「アヅミ」関係地名の一つであるとも考えられています。

これらの地名の中には、やはり「アヅミ」氏とのかかわりを伝えるものもあり、また川や海など水辺にかかわるものもあります。こうした各地に残る 「アヅミ」地名と、高島市の「安曇」との直接のかかわりは明確でありませんが、いずれもアヅミ氏または海や川など水辺にかかわる地名であることは推定でき ます。
一説に、「アヅミ」の元の意味は海であり「アド」の名は「アヅミ」が転化したものといわれていることからも、「安曇」は川や水にかかわりの深い多くの意味を持つ地名であるということができるようです。

出典:高島市発行「広報たかしま」平成20年5月号

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

クリックで応援 お願いします


『NPO法人 eネットびわ湖高島』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。? NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ?

寄付支援のお願い

PAGE TOP