【高島市歴史散歩】琵琶湖哀歌の誕生と四高桜

遠くかすむは彦根城 波に暮れゆく竹生島
三井の晩鐘音絶えて なにすすり泣く浜千鳥

の歌詞と東海林太郎(しょうじたろう)の歌唱で知られる『琵琶湖哀歌』は、昭和16年4月6日に大溝沖で遭難した、旧制第四高等学校(現・金沢大学)の学生を追悼する意味で誕生したものです。

walk39-01.jpg

四高の漕艇部は、昭和15年に大津の瀬田川で行われた全国大会で優勝をおさめ、16年の春は連続優勝を目指して湖南で合宿練習をしていました。そして合宿 の総仕上げとして琵琶湖の縦断をすることになり、大津から今津へ向かい、2泊した後、大津へ戻るために4月6日の朝、今津を出発したのでした。通常は波の 穏やかな日が多い琵琶湖ですが、この日は比良連峰から吹き下ろす風が予想外に強く、漕艇部員11人を乗せたボートは、現在の萩ノ浜の沖合1.5メートルの 地点で転覆してしまいました。

この知らせを受けた地元大溝の警察・役人・漁業関係者らは、四高関係者らと協力し、必死の捜索活動が行われましたが、捜索は難攻し、最後の遺体が発見されたのは、2カ月あまり後の6月10日であったといいます。

大溝では百ケ日法要のときには供養のために町内の各戸が1個ずつ灯篭流しを行い、翌17年の1周忌には妙淋寺で法要が営まれました。また、湖岸に は四高関係者との協力によって千本の桜の苗木が植えられました。四高桜と呼ばれるこの桜並木は、長い間、関係者らの手によって守り続けられ、昭和60年に は関西四高会の呼びかけで「琵琶湖四高桜保存会」が結成され、補植等が行われました。近年には、道路の拡張等で少なくなった桜に代わり、新しい苗木を植え る活動も盛んになりました。四高桜はこうして今も、多くの人に守られ、育ち続けています。

出典:高島市発行「広報たかしま」平成20年3月号

四高桜の記念碑

 

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

クリックで応援 お願いします


『NPO法人 eネットびわ湖高島』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。? NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ?

寄付支援のお願い

PAGE TOP