【高島市歴史散歩】 正月の儀礼と行事

高島市内では、現在も各地域や家庭などに、さまざまな正月の儀礼や行事が受け継がれています。

正月は、いうまでもなく新年の始まりであり、新しい年を迎える大切な時期として古くから数多くの儀礼や行事等が行われてきました。

walk25-01.jpg

walk25-02.jpg

正月に年神(としがみ)がやどる目印として家の入口に飾られるのが門松です。門松は、平安時代の貴族の日記にも登場するほどの古い習慣で、飾るものは必ず しも松に限らず、榊やヒイラギなどもよく飾られました。また地域によっては、門松に、年神への供え物を入れるための藁でつくった食器をくくりつけることが あり、これに近い習慣は、市内でも今津町日置前で「ヤソツボ」と呼ばれる藁の食器を作る例に見られます。

また家の入口の扉などに飾られることの多い注連縄(しめなわ)は、神聖な場所を他の場所と区別するための縄で、本来は、家全体または部屋の四方にぐるりと長い縄を張り巡らすものでしたが、今では略されて家の入口や屋内の神などに張られることがほとんどです。

正月の朝は、若水汲みから始まります。若水は、一家の主人が汲むものとされ、その水を使って雑煮が作られます。市内では、この雑煮を男性がつくる もの、としている地域が多く、これも古くからの正月の習慣の一つです。正月料理には、縁起の良い材料がよく用いられ、子孫繁栄を意味する「数の子」、まめ なように「黒豆」、豊作を願って「田作り」、腰がまがるまでの長寿を祈って「海老」、出世を願って「頭芋」などがよく使われ、これらを使ったおせち料理は 現在も各地で見ることができます。

出典:高島市役所発行「広報たかしま」平成19年1月

今津町日置前

 

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

クリックで応援 お願いします


『NPO法人 eネットびわ湖高島』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。? NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ?

寄付支援のお願い

PAGE TOP