【高島市歴史散歩】 明治時代の小学校

walk22-01.jpg

日本の近代学校制度の整備は、明治5年(1872年)の学制の発布によって始まりました。それまでの江戸時代の学校には、藩校などの武家の学校と、寺子屋 などの庶民の学校という二系統がありましたが、だれもが教育を受けられるわけではありませんでした。それを学制では、小学校を人民一般が必ず教育を受ける ところと定め、各府県に小学校の設置をうながしました。

市内では、明治5年から9年ころにかけて、次々と多くの小学校が設立されました。ほとんどの小学校が、現在よりも規模はやや小さめで、2?3集落程度が1校の学区となっていました。

小学校の名称は、旧高島町の鴻溝(こうこう)学校(鴻溝は大溝の別名)や今津町の鴫野(しぎの)学校(鴫野は学校設置場所付近の小字名)、朽木の 平川学校(対象学区は平良と小川)のように地名に由来するもの、また安曇川町の弘智学校や新旭町の国修学校のように、当時の教育思想に沿って名づけられた ものなどさまざまでした。

walk22-02.jpg

この後も近代学校制度は、明治4年に定められた文部省の欧米の制度を模範とする方針に沿って、この後、急速に整備が進められました。明治19年の小学校令の制定では、小学校を義務教育とし、尋常小学校、高 等小学校、ほかに小学簡易科で編成することが定められました。また明治23年には新しい小学校令が制定され、このころから、いずれの学校でも児童数は急激 に増加するようになっていきました。
旧高島町の武曽横山には明治11年に建てられた武曽学校の建物が現在も残っていて、近代学校建築を今に伝える貴重な遺構として市の文化財に指定されています。

出典:高島市役所発行「広報たかしま」平成18年10月

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

クリックで応援 お願いします


『NPO法人 eネットびわ湖高島』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。? NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ?

寄付支援のお願い

PAGE TOP