【高島市歴史散歩】 田中城跡と田中吉政

 
 

 安曇川町田中の上寺地区の裏山に所在する田中城跡は、古くから「上寺城」・「上ノ城」などと称され、現在も多くの曲輪跡、土塁、堀跡などが良好な状態で残っている中世山城跡の一つとして知られてい ます。この田中城跡の位置には、もともと「高島七カ寺」の一つで松蓋寺(しょうがいじ)と呼ばれる天台寺院が存在しており、城はその寺院遺構を一部使用す る形で建てられたようです。

walk21-01.jpg

田中城がいつごろ築造されたのかは定かでありませんが、織田信長の経歴を記した『信長公記』には、元亀元年(1570)、越前の朝倉義景攻略のため、湖西 を北上して若狭から敦賀へ向かっていた信長が、「高島の田中の城」に泊まったという記述があり、この「田中の城」が田中城のことであると推定されていま す。

「田中の城」の城主と考えられているのは田中氏で、その一族では織田・豊臣・徳川に仕えた戦国武将・田中吉政の存在が知られています。吉政は、 『徳川十五代史』をはじめ、種々の資料で高島郡田中の出身と伝えられており、初めは母の出身地の関係で織田信長の配下である湖北の宮部氏に仕え、中国攻め 等に参加しています。その後、秀吉の命で、秀吉の後継者とされたおいの豊臣秀次の重臣となり、秀次の領地である近江八幡の町づくりに尽力しました。秀次の 死後は秀吉に仕え、天正16年(1588)三河国岡崎城を与えられ、さらに関ケ原の合戦では東軍(徳川方)について働き、慶長6年(1601)には筑後国 32万石の領主として柳川城に入りました。ここでは筑後川の水路工事を始めとする土木工事や有明海沿岸の干拓による新田開発などに手腕を発揮したと伝えら れています。

出典:高島市役所発行「広報たかしま」平成18年9月

田中城跡 登り口

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

寄付支援のお願い

PAGE TOP