【高島市歴史散歩】 蒸気船時代の賑わいと桟橋の成立

 
 

琵琶湖に最初の蒸気船「一番丸」が登場した のは、明治2年(1869年)3月のことです。この「一番丸」は、船体の横に大きな水車をつけた外輪船で、”大津?海津”間で運航を開始しました。これに 続いて、同年6月には「二番丸」が、4年2月には海津の船問屋・磯野源兵衛によって建造された「湖上丸」が就航するなど、数年の間に琵琶湖には多くの蒸気 船が行きかうようになりました。ところが、船の数が増えた結果、蒸気船間の競争が激化し、過積や無理な速力アップによる沈没などの事故が相次ぐようになり ました。滋賀県では、こうした事故を未然に防ぐため、汽船取締会所を設けるなどの対処策を講じましたが、沈静は一時的なものでしかありませんでした。

汽船間の競争が続く一方、この時代は、新たな交通体系である鉄道の敷設が滋賀県下におよんできた時期でもありました。東海道線の当初の敷設計画は、琵琶湖水運を利用できる大津?長浜間の敷設を省略し、京都?大津間および長浜?敦賀間から工事を進めるというものでした。

walk19-01.jpg

こうした計画が進むなか、大津?長浜間を鉄道連絡航路として新たに整備する計画がもちあがり、大阪の実業家 藤田伝三郎とこれまで湖北を営業地域 としていた船主たちの合同で、明治15年5月、太湖汽船会社が設立されました。本社は、大津におかれ、貨客取扱所と呼ばれる支社が今津・船木・大溝(現、 高島市)・長浜・塩津に設置されました。

ただ、開業当初、高島市内の各港には桟橋がなく、しばらくの間は小船が大型蒸気船と港を結ぶ役割をしていました。桟橋は、地元住民たちの合資によ る会社の設置により建造され、明治33年に勝野と今津、38年に海津、41年には船木に桟橋が完成しました。さらに42年には深溝港の開設に尽力した藤本 太平次の献身的な努力によって、深溝港にも桟橋が新設されました。こうして、昭和初期の江若鉄道の開通までの間、太湖汽船は高島の人々にとってもっとも身 近で重要な交通手段として活躍することになりました。

出典:高島市役所発行「広報たかしま」平成18年7月

海津桟橋跡

 

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

高島市の観光・イベント情報

ピックアップイベント

 

今月の見どころ


観光のお問い合わせは

 

高島市全般

 

(公社)びわ湖高島観光協会

 

TEL:0740-33-7101

 

 

マキノエリア

 

マキノツーリズムオフィス

 

TEL:0740-28-8002

 

雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

寄付支援のお願い

PAGE TOP