【高島市歴史散歩】 鵜川四十八体仏(うかわしじゅうはったいぶつ)

 
 

白鬚神社から国道161号を北上してすぐの 山際に、旧西近江路とされる道があり、この道をあがった丘陵上には、花崗岩で造られた33体の石仏群があります。これらは鵜川四十八体仏(うかわしじゅう はったいぶつ)と呼ばれ、長年の風化で表面の摩滅が進んではいますが、容貌や衣文(えもん)の掘り出しの技法などから、室町時代後半ころに造られた阿弥陀 如来坐像であると考えられています。この石仏は、観音寺城(安土町)の城主で、近江守護を務めた六角義賢(よしかた)が、天文22年(1553)に、亡き 母の供養のために造立したものとされ、義賢は、観音寺城のある湖東から、この湖西の鵜川の地を阿弥陀如来の住む西方浄土(さいほうじょうど)に見立てたの ではないかとも考えられています。

walk06-01.jpg

walk06-02.jpg

 

なお、48体のうち13体は大津市坂本に運ばれ、江戸時代以降の天台座主(てんだいざす)の墓や、徳川家康の供養塔などがあることで知られる慈眼堂(じげんどう)の境内に、現在も安置されています。他の2体は、盗難にあい現在は行方不明です。

高島市内では、鵜川四十八体仏と同じ作風を示す大日如来(だいにちにょらい)像ほか4体の石仏が、安曇川町田中の玉泉寺に伝わっています。

出典:高島市役所発行「広報たかしま」平成17年6月

 



 

鵜川四十八体仏

 

玉泉寺

 


雪情報

滋賀国道事務所管内道路 ライブ画像

 

R161雪情報(詳細状況)

 

雪と暮らし(冬道ドライブの心得)

チャレンジする高島人



滋賀県の虹予報


高島市のニュース・行政情報


Yahoo! ニュース

 

高島市役所・防災無線放送

サイト運営者情報

認定NPO法人
eネットびわ湖高島

 

〒520-1121

滋賀県高島市勝野 3003

tel: 050-3635-9231

fax: 050-3730-4827

(050 はIP電話・Faxです)

 

寄付支援のお願い

PAGE TOP